鳥取大学工学部電気情報系学科 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 情報エレクトロニクスコース Electrical Engineering and Computer Science

  • A
  • A

村田教授、岡﨑健介君らの自動応答の研究が新聞やウェブに掲載

 鳥取大学工学部電気情報系学科自然言語処理研究室の村田真樹教授と岡﨑健介君(学部4年生)は、ダットジャパン株式会社(本社:北海道札幌市)と共同で、自動応答システム作成に役立つ情報要約技術を開発し、2017年11月下旬に特許を共同出願しました。 村田教授と岡﨑君もこの特許の発明者になっています。

 

 現在、コールセンターの業務効率化を支援するため、オペレータに代わって電話の応答をするAIチャットボットの開発が望まれています。村田教授らはこの開発にあたり、対話のデータから、低コストで各場面の学習データを収集することができる技術を構築しました。

 

 この共同研究のことが、日本経済新聞(北海道経済面、2017年12月9日) 、日経産業新聞(全国版、2017年12月15日)に掲載されました。 また、日本経済新聞電子版、日本経済新聞プレスリリース欄、朝日新聞デジタル企業リリース欄、コールセンタージャパンなどの多数のウェブサイトに掲載されました。

 

共同研究の詳細はこちらのページをご覧ください。

 

※参考情報 ダットジャパン株式会社HP