鳥取大学工学部電気情報系学科 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 情報エレクトロニクスコース Electrical Engineering and Computer Science

  • A
  • A

学科/コース/専攻からのメッセージ

情報処理、情報通信、電気エネルギー、エレクトロニクスは、日本の産業を支える重要な分野です。電気情報系学科は、ハードウェアからソフトウェアに至る幅広い知識と技術、応用力を持つ人材育成を目指しています。

当学科には、パワーエレクトロニクスや電子デバイスなどを主とする「電気電子工学プログラム」、計算機科学や知識メディアなどを主とする「コンピュータサイエンスプログラム」、情報通信やシステム制御などを主とする「電子情報制御システムプログラム」、以上3つの教育プログラムがあります。

各プログラムには必修科目や選択科目が設定されていますが、他のプログラムの選択科目も自由に取れるよう時間割を配慮しています。また講義だけでなく、物に触れ体験して学習する演習や実験科目も充実させています。

1年次の前期には、大学生活に早く馴染み、また社会人・工学技術者として必要な基礎的素養を身につける目的で、「大学入門ゼミ」や「工学倫理」、「情報リテラシ」を設けています。その他にも、3年次にはグローバル化する国際社会に対応できるよう「技術英語Ⅰ・Ⅱ」が、4年次には課題発見・探求能力・自主的学習力・デザイン力・プレゼンテーション力などを総合的に身に付けられるよう「卒業研究」を設けています。

さらに深い知識や技術を望む方は、大学院工学研究科情報エレクトロニクス専攻に進学することをお勧めします。豊かな人間社会を自らのアイデアや技術で実現させたいと考えている方は、是非とも電気情報系学科の門を叩いて頂き、グローバルに活躍できる技術者やリーダに育って頂きたいと思います。