鳥取大学工学部電気情報系学科 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 情報エレクトロニクスコース Electrical Engineering and Computer Science

  • A
  • A

学科の目的・特徴

ページ内コンテンツ

学科の目的

電気情報系分野における,電気電子回路や電子デバイス,情報通信,システム制御などに関わる電気電子工学分野と,コンピュータサイエンスや知識処理に関わる情報工学分野は,現代社会の暮らしを支える電気や情報に関連した全ての基盤において重要な分野であります。

本学科では,高度情報社会を支える電気電子工学及び情報工学分野の双方について,ハードウェア技術からソフトウェア技術までの幅広い知識と技術の修得と,これらを応用できるよう教育し,多様化する情報社会の豊かな発展に寄与できるエキスパートの養成を目指します。

学科の特徴

本学科では,電気情報系の広範な学問領域を網羅した基礎から応用に至る系統的なカリキュラムを設定し,講義や演習,実験を通じて,電気電子回路,電子デバイス,コンピュータ,知識処理,情報通信,システム制御等の知識を総合的に修得できます。

教育プログラムとしては,電気電子回路から電子デバイス・電力に至るあらゆる電気電子に関わる電気電子工学プログラム,コンピュータと情報ネットワークを主とするコンピュータサイエンスプログラム,情報通信とシステム制御の技術を主とする電子情報制御システムプログラムの3種類を設けています。プログラム選択は,2年次前期開始前に決定します。プログラム決定後は,自分のキャリアパスを見据えて,学年進行に伴って工学系の基礎的スキルアップのための専門基礎科目,専門分野に特化した専門科目,および多分野融合科目から幅広く履修選択できます。4年次の「卒業研究」では,3年次までに修得した専門分野の知識をもとに,先進的・実践的な研究課題に取り組みます。また,異分野融合的な課題にも対応できるようにプログラムを越えた指導も行います。