鳥取大学工学部電気情報系学科 鳥取大学大学院工学研究科情報エレクトロニクス専攻 Electrical Engineering and Computer Science

  • A
  • A

研究室紹介

ページ内コンテンツ

システムデザイン研究室

コンピュータビジョン研究:人や、人と関わり合いのあるモノのセンシング(大規模な数の人・細胞の動きや動線の解析、人の動作解析)等に関して、人間に代わって「観て解釈する作業」を計算機がスマートに自動処理します。これら成果の生活社会・バイオ医用分野への応用が期待されています。

Webサイト
http://labs.eecs.tottori-u.ac.jp/sd/

情報通信工学研究室

スマートフォンなどの音声や画像処理に使われるデジタル信号処理を利用して、快適な通信、居住環境を実現するために、補聴器に混入する周囲環境騒音の抑圧、換気ダクトなどから聞こえる騒音を打ち消す技術の研究を行っています。

Webサイト
http://dacom1.ele.tottori-u.ac.jp/

信号処理工学研究室

私たちの身の回りには、音や声、映像などの様々な「信号」があふれています。当研究室では、全方位の映像を取得・解析したり、それを用いてロボットを自律走行させたり、さらには、混ざった音声を分離したり、脳波により誰であるかを識別したり、健康状態を調べたりする研究を行っています。

Webサイト
http://www.ele.tottori-u.ac.jp/device/

電磁エネルギー応用工学研究室

本研究室では、自然エネルギー、静電気と高電圧、遺伝的アルゴリズムなどのニューラルネットワークに関する技術を用いて医工及び農工連携を積極的に推進しています。例えば、医療画像処理による低負荷診断支援、乾燥地緑化や植物工場などの農業への応用を研究しています。

Webサイト
http://www.ele.tottori-u.ac.jp/denji/

電気システム研究室

安心・安全で豊かな社会の構築のためには,賢い(スマート)システムが欠かせません. 当研究室では電気を用いたスマートシステムの研究を行っています.生体信号(脳波など)により個人を識別する技術,人の聞き分け能力(カクテルパーティ効果)を実現する技術,乾燥地農業のための太陽光発電と応用技術,電気刺激による作物生産性改善技術などです.

Webサイト
http://labs.eecs.tottori-u.ac.jp/ele_sys/

電子物理工学研究室

私たちは膨大な情報をメモリ素子に蓄え、ディスプレイを通じてそれに接しています。爆発的に情報量が増え続ける現代社会を支えるため、高効率ディスプレイと超高密度メモリ実現への要求は高まるばかりです。本研究室では、電子工学と物理学の知識を武器に、日々この課題に挑んでいます。

Webサイト
http://www.ele.tottori-u.ac.jp/butsuri/

固体電子工学研究室

次世代の太陽電池として期待されている有機薄膜太陽電池と、太陽光を含む環境エネルギーの高効率利用を目指しています。電池や発電によって得られた電力の収集、変換、利用のために必要となる回路、素材、エネルギーセンシングの研究を行っています。

Webサイト
http://www.ele.tottori-u.ac.jp/kotai/

光半導体工学研究室

硫化物系半導体、ZnO、ZnS、 ZnSe系半導体の「分子線エピタキシー(MBE)技術」を中心として、短波長から長波長まで有効活用できる高効率太陽電池、高効率紫外線LED・レーザ、高感度集積型の紫外線光センサー、紫外線光変調器の基礎研究および実用開発を行っています。

Webサイト
http://www.ele.tottori-u.ac.jp/hikari/

マイクロデバイス研究室

我々はMEMS(Micro Electro Mechanical Systems;微小電気機械システム)技術に関する研究をしています。MEMS技術によるセンサやアクチュエータといったマイクロ・ナノデバイスは3次元微細構造体や可動部分を持ち、様々な分野へ応用されています。

Webサイト
http://www.ele.tottori-u.ac.jp/MEMS/

知能システム制御研究室

最適化やエージェント技術を用いた人やロボットによる知的生産システムの研究を行っています。また、段差昇降可能な車椅子やパワーアシストなどの人に優しいロボット制御の研究開発、さらには、脳波や筋電など、人の生体信号を用いた医療やリハビリ支援システムの研究開発を行っています。

Webサイト
http://www.seigyo-a.ike.tottori-u.ac.jp/pukiwiki/

計測制御システム研究室

知能制御工学講座B研究室では位置や姿勢のセンシングと画像情報を用いて自動車や飛翔体のようないわゆる移動体のスムーズな移動を実現する研究やヒトの発声や聴覚機能のモデル化やジャイロを利用した波力発電機構の研究、ステレオカメラによる立体視による画像認識などの研究をしています。

Webサイト
http://dezima.ike.tottori-u.ac.jp/

社会情報システム研究室

人間の代理となるような自律性を持ち、ネットワーク中を移動して動作するプログラムのことをモバイルエージェントと言います。私たちは、その基盤技術と、e-Learningシステムや人物追跡システムなどの、モバイルエージェントを利用したアプリケーションを研究・開発しています。

Webサイト
http://www.keisana.ike.tottori-u.ac.jp/

計算機応用研究室

過疎高齢化社会に向けて重要となる公共2次交通の利用上の利便性を高めるために、主として路線バスを対象とした利用援助システムを開発し、一般に開放して運用しています。システム開発上必要となる技術は本研究室で独自に考案されたもので、論文や国際会議で発表し高い評価を受けています。

Webサイト
http://www.keisana.ike.tottori-u.ac.jp/

自然言語処理研究室

人間と同様な高度な能力をコンピュータに持たせるために、人間の話す言語(自然言語)をコンピュータで処理する自然言語処理を研究しています。大規模な文書データから有益な情報を取り出す情報抽出(テキストマイニング)と、コンピュータに自動で翻訳をさせる機械翻訳等を研究しています。

Webサイト
http://unicorn.ike.tottori-u.ac.jp/

数理情報科学研究室

経済・金融等の大規模環境データを数値解析したり、乱数発生能力による脳の診断を研究しています。また、人間の視線移動や身振りによってコンピュータを動かすシステムを創っています。様々な場面での人間活動とコンピュータの接点を探り、より豊かな情報システムを創り出すことが目標です。

Webサイト
http://irene.ike.tottori-u.ac.jp/joomla/

応用計算知能研究室

進化的アルゴリズムと呼ばれる生物の進化を利用した人工知能技術などを利用して、主に生物分野の問題を解いています。例えば遺伝子ネットワーク同定問題では、生化学実験データを解析することで、遺伝子間の制御関係を推定します。これは創薬などに利用できると考えられています。

Webサイト
http://labs.eecs.tottori-u.ac.jp/chishiki-b/

メディア理解研究室

いろいろなセンサで計測した人の表情やしぐさから人の気持ちを読み取ることで、コンピュータが人と社会的に自然に振る舞うことができる方法を研究しています。例えば、人の表情から怒りや悲しみなどの感情を認識する方法を、脳波や声の大きさなどから感情を認識する方法を研究しています。

Webサイト
http://seki.ike.tottori-u.ac.jp/